努力すれば誰でも保育士になれるチャンスがある

pol_00

保育園の先生になるにはどうしたらいいのか?

と弟に相談されたことがあり、自分でちょっと調べてみました。

まず、保育士になるためには試験を受けなければなりません。

受験資格は、大学・短期大学・専門学校のいずれかを卒業していることが条件というのは、知っている人も多いです。

ではそれ以外、高校卒業程度の学歴でも受験資格があるのかどうかが気になります。

結果はありました。

高校卒業した年が、平成3年3月31日以前であれば受験できます。

以降の卒業の場合、児童福祉施設で2年以上の勤務と、総勤務時間数が2,880時間以上あれば、受験できるそうです。

中学卒業の場合は、実務経験が5年で7200時間以上、従事していることが条件になります。

学歴のかわりに実務経験が必要になってくるということです。

児童福祉施設というのはどういうものを指すのかというと、保育所、助産施設、児童養護施設などです。

保育所ならどれでも良いのではなく、都道府県に届け出ている保育所でないといけないので注意が必要です。

まずは、保育所などにアルバイトなどで入り、2年間実務経験を積みながら試験に備えるという感じでしょうか。

とにかく、実務経験を積むことが先決と思われます。

自分は保育士は大学卒か短大卒でないとなれないと思っていました。

学歴がなくても経験があれば誰でも保育士になることができるのですね。

努力すればぜったいになれるステキな職業だということを知る事ができました。