pol_01

実務経験を積んで保育士になるとしたら

保母さんになるための方法は2通りあります。

指定の養成学校を卒業するか、それとも実務経験を積むかのいずれかになります。

ほとんどの方が養成学校を卒業するか通信教育で資格を取得されています。

ですが、実務経験を積んで保母さんを目指す方がいないわけではありません。

実務経験を積んでから受験を目指す場合、高卒であれば3年間、中卒であれば5年間の児童福祉施設での実務経験が必要になります。

ただ、まだなんの資格も持っていない人を、常勤で雇う児童福祉施設は非常に珍しいということを覚悟しておきましょう。

それと、保育の仕事にはいろいろなタイプがあります。

認可保育所もあれば民間の無認可保育施設もあり、乳幼児の保育を行っている企業などさまざまな保育の仕事があるのです。

そのなかで、実務経験としてカウントされる児童福祉施設は少ないことを覚えておきましょう。

自分では児童福祉施設で働いているつもりだったのに、いざ3年、5年経って試験を受けようと思った時、実は児童福祉施設ではなかったということもあります。

それでは、またやり直しということになり、3年間および5年間が無駄になってしまう可能性もあるのです。

実務経験を積むために就職する場合は、そこが本当に児童福祉施設なのかはっきりさせてから就職をしましょう。

採用される側がそのようなことを聞くのは憚られる感じを受けるかもしれませんが、それで何年も棒に振ってしまうかもしれないことを考えれば、勇気をもって確認するべきです。


pol_02

未経験でもチャンスがある資格

経済が上向き基調であったとしても、いつ何が起こるかわからないのが世の中です。

どんなことが起こっても大丈夫な仕事に就くことが、将来のために一番安心なことなのではないでしょうか。

今、注目をされているのが保母さんの仕事です。

子供の頃、やってみたいと思われたことがある方も多いのではないでしょうか。

ただ、資格が必要であることと、大変そうだということで断念する方も多いようです。

ですが、自分で子育てしてみて、やはり子供はかわいい、子供と関われる仕事がしたいと思われる方も多く、30代や40代になってから目指される方も少なくありません。

未経験から保母さんを目指すことはできるのでしょうか。

試験を受けるにも、登録をするにも、年齢制限はまったくありません。

いくつになってもチャレンジできる数少ない資格です。

働きながら家事をしながら勉強をしている方も多く、そういう方の多くが通信教育を利用されています。

通信教育ならすべて同じかといえばそうではありません。

通信教育のカリキュラムや教材にはそれぞれ特徴があり、難しいと感じるものもあれば、これならわかりやすいと思えるものもあります。

どのような教材であるのか資料請求をしてサンプルをご覧になり、自分にあったところを選んでください。

3年以内に全科目を合格すればいいのですから、3年計画で焦らずに挑戦しましょう。

それと、複数の都道府県で受験することが可能ですから、試験内容が簡単そうなところを選んで受験するという方法もあります。


pol_03

だれでも取れる 保育士資格の取り方

女性に向いている仕事にも様々な種類がありますが、保母さんの仕事も注目が高まっています。

今は共働きの家庭も増えており、出産後も早期に仕事をされる女性が増えていることもあり、今後もさらに需要が高まることが予測される仕事です。

そして、プロとして活躍していくためにはまずは国家資格を取得しておく必要があります。

子供とふれあいながら楽しく働ける仕事ですが、大切なお子さんを預かる仕事ですので、責任も重い仕事です。

それゆえに保育についてはしっかりとした知識が必要となりますので、ただ子供が好きだからというだけでできる仕事ではなく、やはり勉強も十分に行っておきましょう。

保母さんの資格の取り方についても知っておきたいですが、まずは短大や大学、専門学校などで保母さんの養成過程を学び、単位を取得し、卒業することで取得できる方法があります。

そして、そういった学校を出ていない方も、通信教育などで学んで、受験し、合格することで取得することも可能です。

働きながら資格を取得したい場合は通信教育やテキストなどが役立ってくれますし、時間に余裕があれば専門のスクールで学ぶのも良いでしょう。

試験は年齢制限がなく、性別、国籍を問わず受験することができます。

筆記試験は9科目あり、すべての科目で合格することで、実技試験への受験が可能です。

それから、筆記試験の結果は翌々年まで持ち越されますので、すべての科目で合格できなかった場合も翌年以降は残りの科目の合格を目指すことになります。


pol_04

卒業と同時に資格が得られる教育機関の違いについて

保母さんとして本格的に働きたいのなら、まず必要になってくるのが資格です。

そのためには何からはじめればいいでしょうか。

第一に、保母さんになるまでの道のりを考えてみてください。

つまり自分にとって、実際に働きに出るまでにかかる年月で理想的なのはどのぐらいかを想像してみるのです。

これは今現在自分が置かれている環境や、周囲からどの程度支援を得られるかによっても変わってくるので、慎重に見極めなくてはいけません。

実は保母さんになるまでにはやり方次第で意外と時間がかかるので、方法を間違えると思わぬ足止めを食らってしまう事があるからです。

たとえば、教育機関を卒業すると同時に資格が取得できるルートを活用する場合でも、大学・短大・専門学校の三種類が存在します。

この中で最も時間がかかるのが大学なのは言うまでもありません。

早く子どもたちに囲まれて仕事がしたいと願っているのなら、2年で卒業できる短大や専門学校を選ぶほうがいいでしょう。

しかしここで少し考えてほしいのが、時間をかけて学校に行くメリットも当然存在するという事実です。

授業の過程で別の子供に関係する専門的なスキルを身に付けられる学校は多いですし、就職面でも短大よりも大学出身者のほうが魅力が高いと言われています。

一方でより実践的な授業を受けたいのなら、大学や短大よりも専門学校がおすすめだという意見もあります。

つまり、一概に資格取得といってもどの教育機関で学ぶかによって、将来に多少なりとも差が出てくるのです。

ですから、自身の状況や今後のスキルアップを考えて選ぶのがベストでしょう。